節約する

水道代の節約のカギはお風呂にある?水道代を節約する10の方法

投稿日:

水道代を節約する

水道光熱費は、手取り収入の5%もしくは6%内に収めるのが理想とされています。

生活するうえで欠かせない水ですが、水道代を節約するためにはどこに一番水を使っているのかを知っておくことで、効果的に節約をすることができるでしょう。

具体的にどのように水道代を節約できるのかについてご紹介していきます。

 

水道代を一番使うのはお風呂?

平成27年度の東京都水道局「一般家庭水使用目的別実態調査」によると、一般的な家庭における水の使用目的は下記の通りになります。

(参照サイトURL:https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shiyou/jouzu.html

家の水道代使用率

上記のグラフによると、風呂(40%)の水の使用がもっとも多く、次いでトイレ(21%)と炊事(18%)、そして洗濯(15%)の順になっています。

ですから、水道代の節約をしようと思うなら、主に風呂とトイレの節水を心掛けると良いといえるでしょう。

ちなみに、バスタブいっぱいに水を張った場合、約200リットルの水が必要です。水道代は住んでいる地域によって異なりますが、だいたい1リットル当たり0.1~0.4円となります。

1日入浴するだけで約20円~80円以上掛かるとしたら、毎日風呂水を入れ替えた場合には月に約600円~2,400円以上の水道代が掛かる計算になります。

 

水道代を節約する10の方法

水道代を節約したいと思うなら、下記の10の方法を試してみることができます。

  1. 水道代の安い地域に住む
  2. 節水シャワーヘッドを取り付ける
  3. 使用後の食器を拭いてから洗う
  4. 自動食洗機を使用する
  5. 節水コマを取り付ける
  6. 風呂水は2日に1回替えるように心掛ける
  7. 雨水タンクを設置する
  8. 節水タイプのトイレに替える
  9. トイレは外出先で済ませる
  10. ジムの風呂を活用する

水道代の安い地域に住む

 実は、住んでいる地域によって水道代は異なります。

水道事業は地方自治体が独自に行っているもので、地理的要因・歴史的要因・社会的要因等によって料金差が発生します。

水道代の地域別料金差は安い地域と高い地域を比べると、8倍とも10倍ともいわれており、水道代の安い地域に住むだけで節約に繋がることが理解できるでしょう。

 

節水シャワーヘッドを取り付ける

未だに普通のシャワーヘッドを利用しているのなら、いますぐ節水シャワーヘッドに交換してみましょう。

水圧が強いので、「これで本当に水道代が節約できるの?」と疑わしくなるかもしれませんが、最近の節水グッズは優れものが多く節水効果最大60%と謳っている商品も存在します。

 

使用後の食器を拭いてから洗う

 食器を洗うときには、思っている以上に水を使用しているものです。

ですから、水道代を節約しようと思うのであれば、汚れた食器は新聞紙等で汚れを拭き取ってから洗うようにすると、余計な水を使用せずに済むかもしれません。

 

自動食洗機を使用する

 食洗機メーカーごとに節水効果は異なりますが、自動食洗機を使用すると、手洗いで食器を洗うときに使用する水の約7分の1の量で食器を洗うことができるといわれています。

蛇口のハンドル開閉度90度(13mm口径で水圧0.1メガパスカル)の場合には、1分間で12リットルもの流水量があります。

例えば、手洗いで食器を5分間洗ったのであれば、60リットルもの水が失われることになるでしょう。

ところが、食洗機を使って流水量を7分の1に収めた場合、わずか8.5リットルに抑えることが可能になります。

 

節水コマを取り付ける

 節水コマを取り付けることで、流水量をコントロールすることができるでしょう。

当然のことですが、水道代を節約しようと思うなら、こまめに蛇口を閉めることが重要になります。

それに加えて、節水コマを取り付けるなら、流しっぱなしにする場合でも自然と流水量がコントロールされているため水道代の節約になります。

 

風呂水は2日に1回替えるように心掛ける

 バスタブに水をいっぱいに張った場合、1日約200リットルもの水が必要になります。

抵抗のある人も中にはいらっしゃるでしょうが、この風呂水を1日で換えるのではなく、2日に1回交換するようにするなら約3,000リットルもの節水になるでしょう。

風呂の残り湯に潜む雑菌の増殖が心配なら、菌の増殖を防ぐ効果のある重曹を計量カップ1杯ほど加えてみると良いかもしれません。

 

雨水タンクを設置する

 庭の水やりが必要なら、雨水タンクを設置して水道代を節約してみましょう。

雨水タンクには30リットルの小さなタイプから、300リットル以上の大きなタイプまで揃っていますから、自分に必要な大きさのタンクを購入するべきです。

 

節水タイプのトイレに替える

 トイレで使用する水の量は多いですから、節水タイプのトイレに交換して水道代を節約してみてはいかがでしょうか?

しかしながら、使用方法によってはトイレ詰まりの原因にもなるため、メリットとデメリットを検討しながら家族と相談した後に設置に踏み切ることをおすすめします。

 

トイレは外出先で済ませる

 せこい水道代節約の方法だという人もいらっしゃるでしょうが、帰宅する前にトイレを外出先で済ませておくことで、少しでも節約することができます。

例えば、一人暮らしの人が1日にトイレを使用する回数を「大1回、小3回」としたなら、年間トイレ使用回数は「大365回、小1095回」になります。

外出先でトイレを済ませて帰宅すれば、上記のトイレ使用回数を減らすことができ、水道代を節約することが可能です。

 

ジムの風呂を活用する

 ジムに入会すれば運動だけではなく、入浴まで済ませてしまうことができるため、一石二鳥の経験ができるでしょう。

ジムの入会費も、友達紹介やキャンペーン時に入会し、利用制限のあるプランを選べば月額料金もそれほど高くなることはありません。

 

みんなどうしてる?水道代を節約するためにできること

水道水の節約に関してアンケート調査をしたところ、回答者数が多かった節約方法は下記の通りです。

節水のためにみんながしていること

アンケートの結果から、水道代を節約するために食器をたらいに溜めてから洗うという人が多いということがわかりました。

東京都水道局の調べによると、13mmの胴長水栓で水圧が0.1メガパスカル、そしてハンドル開度が90℃の時には、食器洗いの際に水を5分間出しっぱなしにすると約60リットルもの水が流れることになるそうです。

(参照サイトURL:https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shiyou/jouzu.html

 

ですから、水を溜めてから食器を洗うのは、水道代の節約に繋がるといえるでしょう。

アンケート結果をまとめたところ、個人差はあるものの、この方法で1カ月約200円~1,000円は節約できたという声が多くなっています。

次にお風呂の残り湯を再利用する、そして節水グッズを活用するなどの方法で節約をしている人が見られました。

 

アンケート回答者の実際の声

下記に、上記の方法で水道代の節約を試みたアンケート回答者の声をいくつかご紹介します。

 

「水桶に水を貯めることが、一番効果があったと思います。シンクに水を溜め、下洗いをすべてします。また、アクリルスポンジを使うことで、洗剤量も減らしました。さらに、すすぐときには水量を減らして流しました。油汚れ等は先に新聞紙等で拭いてから洗えば、水道代の節約に繋がります」

 

「一番の節約方法は、湯量を少なくすることとお風呂の残り湯を再利用することです。洗濯をしてまだお湯が残るなら、庭の花の水やり、靴洗いなどもすべてお風呂の残り湯でします」

 

「節水型のシャワーヘッドに交換しました。業者さんに勧められて交換したところ、結果的に月約800円も水道代が安くなりました」

 

無駄に水を出しっぱなしにせず、節水グッズを上手に活用することで、みなさんしっかり水道代の節約に励んでおられるようです。

風呂の残り湯を洗濯をはじめ、車の洗車や掃除などに再利用した場合には、1日およそ90リットル以上もの節約に繋がります。

1リットル当たりの水道代が0.1円~0.4円だとすれば、1日9円から36円の節約になり、1カ月当たり約270円から1,080円の節約になるでしょう。

 

まとめ:水道代を節約したいなら節水グッズを活用しよう

今こそ節水グッズを活用してみよう

水道代の節約を心掛けたいと思うなら、節水グッズを積極的に活用してみてはいかがでしょうか?

購入金額が掛かりますが、月に1,000円ほど水道代の節約になるなら十分に元は取れるはずです。

また、水の使用目的でもっとも多い風呂水の再利用を行うことで、大きな節約効果を得られるでしょう。

-節約する
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2018 All Rights Reserved.