節約する

【急がば回れ】どうしても生活苦しい…副業や節約をする前にできるたった一つの解決法

更新日:

生活が苦しい時|考え方・副業

毎日の生活が苦しい、家族を養うことができないほど困窮している…。

明日の食費さえ心配ともなれば、今すぐにでも対策が必要です。

とはいえ、給付金制度を利用したり、お金を借りたりするのはちょっと不安ですよね。

 

生活の基盤を改善していくには、早め早めの対策が必須です。

また収支の見直しは大前提ですし、生活レベルを大きく下げる必要性も出てくるでしょう。

今すぐに考え方を変えることはできなくても、まずは知識をつけることが大切です。

 

ここでは生活が苦しい時の考え方や相談先、オススメの解決策をご紹介します。

→【緊急】一時的にお金を借りたい方はこちらをタップ

 

生活が苦しい時の理由と考え方。一時的なものか継続するものか考える

生活が一気に苦しくなる理由

生活が苦しくなってしまう原因はいくつか考えられます。

  • 多額の出費が必要になった
  • 一家の大黒柱が亡くなった
  • 怪我や病気で働けなくなった
  • ローンや借金が多すぎる
  • 収入が少ない

 

生活が苦しくなった理由がはっきりしている場合は、それを補填するものが必要です。

例えば、制度として設けられている給付金や、貸付制度を利用するといった改善策です。

→2018年版国からもらえる給付金まとめ。低所得者、求職者等を支える

 

しかし、「支出に対し収入が少ない」などの場合は、まずは生活水準レベルを見直すことも求められます

本当にお金がない、病気で働けないなどの場合には、生活保護の受給も検討しなければいけません。

「なんとか生活はできているけれど、将来的な不安がある…」

今はどんなに貯蓄があっても老後破産の可能性がある時代なので、こうした悩みを抱えている方も少なくありません。

 

支出を減らすには固定費を減らす。毎月払っているものは本当に必要ですか?

毎月ほぼ固定額で出ていくお金について、しっかり把握しているでしょうか。

  • 国民年金保険料、その他保険料
  • 住宅ローン、自動車ローン
  • スマホ代などの通信料金
  • 家賃
  • 新聞代

 

例えば、食費や光熱費、水道代などは、節約すればある程度支出を抑えることができます。

これらは一見簡単そうに見えますが、どのくらいの節約になっているか効果が見えづらいのが欠点です。

一方で、家賃や通信費、ローンや保険料などの固定費は、根本から見直さない限り減額することはできません。

特に子どもがいる家庭の場合、育児や教育費にかかるお金は削れません。

このように固定費を削るのは大変ですが、一度削ってしまうことができれば、その後の支出は大幅に削減されます。

 

  • 保険の見直しをして保険料を下げる
  • マイカーが本当に必要かどうか見直す。ローンの解約
  • スマホを格安SIM端末に機種変更する
  • 毎月の家賃を下げられないか交渉する
  • 新聞をやめてネットニュースで情報を得る

 

毎月何気なく、当たり前のように支払っているお金は本当に必要なのか、少し考えてみましょう。

一つ一つやっていくのは面倒ですが、積み重なれば余裕も出てくるはずです。

 

生活費と満足度の関係。贅沢のために借金をし始めたら依存症

「苦しさ」は「満足の足り無さ」

ところで、なぜ人は「生活が苦しい…」と考えてしまうのでしょうか。

生活が苦しい、と考えるのは、裏を返せば「苦しくない生活」を知っているということになります。

それでは、苦しくない生活とはどういうものでしょうか。

  • お金を気にすることなく、欲しいものを買える
  • 旅行や娯楽にお金を使える
  • 会社での立て替えを気にしない
  • ローンや税金の支払いがあっても十分生活できている

 

「自分の好きなことに好きなようにお金が使える」状況を知っていると、どうしても今の状況がしんどくて辛い、と考えてしまいます。

言い換えると、お金を使うことで得られる「満足度」が低下している、ということ。

精神論のような言い回しになりますが、日々の生活の中で満足度を上げる方法は、何もお金を使うことだけではありませんよね。

一番簡単なところで言えば「安い食材で美味しい料理をつくる」など、ちょっとしたことからはじまります。

 

ただ、満足度をあげるためにお金を借りてしまうのは本末転倒です。

ストレス発散のためにパチンコやスロット、買い物を繰り返し、借金をするまでになってしまうと、それは最早依存症の領域に達しています。

克服は自分ひとりの力では難しいので、専門の医療機関や第三者による協力が必要になるでしょう。

→パチンコで借金した13人の体験談からわかる、本当の救済と借金解決法

→買い物依存症は完治できない?克服するために最も大切なことは一つだけ

 

家計診断を大活用!専門家に家計状況を見てもらうことも一つの手段

収入と支出が不安定で赤字続き、将来のことが不安な場合は、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に家計診断してもらうこともひとつの解決策です。

いくら「節約しよう」「固定費を見直そう」とは言っても、自分でできることには限界があります。

そこに家族も加わる時には世帯全員の協力が必要になりますが、家庭事情からなかなか言い出せない、という場合もあるでしょう。

そこに専門家の視点からメスを入れることで、より説得力のある具体的な解決策が得られます。

ひとりの力だけでなんとかしようとせず、そして恥ずかしがらず、現在の生活苦を共有できる人を作っておくことも大切です。

 

節約・副業・クラウドソーシングのススメ。無理のない範囲でやれることをする

節約・副業で支出をコントロール

生活が苦しい状態にあると、どうしても「節約」や「副業」をしないと、と思いがちです。

ただでさえ苦しい、と思っているところにさらに大変なことを重ねてしまうと、本業にも影響を及ぼしてしまう場合があります。

体調を崩したり、心身を不調に追い込んでしまっては本末転倒です。

生活苦から収入を増やしたいと考える場合、無理のない程度に留めておくことも重要です。

 

生活が大変な時にできること。パソコンが使えるならクラウドソーシング一択

もしも少しでも収入を増やしたい、という場合には、在宅でできる作業で稼ぐのが一番です。

このサイトの中でも、副業についてはたくさんご紹介しています。

いずれも当たれば大金を稼げますが、デメリットも少なくありません。

また生活が苦しい時には、できるだけ体力や精神を消耗しない作業に没頭したいですよね。

最小限のやり取りで、かつ大きな金額を稼ぎ出したいのであれば、「クラウドソーシング」の活用をオススメします。

 

クラウドワークスとランサーズはどっちを選ぶべき?

クラウドソーシングサービスも年々増えてきましたが、なかでも有名なのは「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。

特にクラウドワークスはYahooとも提携しているので、比較的依頼を受けやすく、簡単なものが多くなっています。

どちらがいい、悪い、というわけではないので、どちらにも登録しておくのがベターです。

いくつかタスク型の依頼をこなすうち、どのように仕事を受ければいいのか、報酬の支払われ方なども把握できると思います。

プロジェクト型の大きい仕事を引き受けられれば、一気に数万円単位で稼ぐことも可能です。

クラウドソーシングにおいては実績も重要なので、まずはより多くの仕事をこなすことを目標にしましょう。

 

→クラウドワークスに登録しておく 

 

→ランサーズに登録しておく

 

カードローンはあくまでも最後の手段。生活費を借りるリスクは大きい

よく「生活費が足りないならお金を借りよう」と訴えるサイトがあります。

本当に一時的に生活費が足りず、あくまでも必要最低限に留めるのであれば、一つの解決策ではあるでしょう。

しかし、「借金ありきの生活費」となると話が変わってきます。

お金を借りないと生活できない、という状況は明らかにおかしいですし、すでに自転車操業状態である可能性が高いです。

安易な借り入れが多重債務を引き起こし、最終的には自己破産するしかない状況に陥ることもあります。

借金は決して生活苦を脱する方法ではありません。

あくまでも一時的なもの、短期間での返済が見込める場合にのみ利用するようにしてください。

 

まとめ:生活が苦しい時だからこそ慎重に。焦ってもお金はすぐには増えません

毎日の生活が困窮すると、どんどん心も焦って余裕がなくなってしまいますよね。

節約や副業をすることも重要ですが、急いでもお金はすぐには増えてくれません。

必要に応じて専門家の意見を取り入れたり、生活が苦しい理由と向き合いながら解決していきましょう。

お金を借りることもできますが、必ず返済の見込みを立ててから借り入れてください。

 

-節約する
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2018 All Rights Reserved.