返済する

※THE地道!借金をコツコツ完済した10人に、挫折しなかった秘訣を聞く

更新日:

様々な理由で積み上がった借金。

完済するぞ!と固く誓ったけど、これから数年間の間、返済生活が続くと思うと、返済できるか不安・・・。

貸金業者からの増枠融資を受けたり、複数から借入している人は特に不安ですよね。

 

確かに、返済半ばでさらに追加で借金を重ねたり、生活に行き詰まって、債務整理したという人もいます。

しかしその一方で、借金を無事完済して、平穏な生活を送っている人も少なくありません。

今回は、借金完済に成功した人の体験談から、完済のコツを学んでみたいと思います。

→今すぐ自分の借金について匿名で相談したい方はこちらをクリック

 

最初の第一歩。改めて、借金返済の道のりを確認する。

借金完済の第一歩は、まず自分にどれくらいの借金があるか、しっかり認識することです。

特に複数社から借りている人は、借金総額がどれくらいなのか、わかっていないという場合も多いです。

ここでは、複数から借りている方のために、借金がどれくらいのペースで減っていくかというシミュレーションを紹介したいと思います。

 

300万円を年利15%で、貸金業者から5年間借りた場合の返済

ここでは、300万円を年利15%で借入した後、5年間で返済するというシミュレーションを紹介したいと思います。

返済開始 2018年1月
返済終了 2022年12月
返済回数 60回
返済総額 ¥4,282,167
元金分 ¥3,000,000
利息分 ¥1,282,167

 

元本の4割分を利息として返済。当初はほぼ半分が利息の返済に充てられる

まず驚きなのが、元本の40%にあたる120万円あまりが利息となるところです。

返済額は元利均等払いで、月々71,369円です。

しかし初回の支払いは元金分が33,869円利息分が37,500円。

利息返済が元金返済を上回っていることがわかります。

 

12回、つまり1年間払い終えた時点で、元借入残高は2,564,426円です。

なんと、1年かかって、借金は50万円も減っていないのです。

 

今からコツコツ返済を考えている人には、とても厳しい現実です。

この数字は堅実に返済し続けることの困難さと、道のりの長さを物語っているといえるでしょう。

 

完済経験者に聞く!借金のきっかけは何?

ここからは、借金を完済した経験者の回答を紹介したいと思います。

当サイトでは、100万円以上の借金を完済した経験のある方、10人に独自のアンケートを実施しました。

まずは、借金のきっかけについて紹介したいと思います。

 

浪費の借金よりも、債務を背負うことを余儀なくされた人が多い

借金を背負った10人の方の回答を見ていると、自分の借金より、家族の借金を代わりに返済したというケースが多いように見受けられました。

  • 親が仕事をしていなかったため
  • 妻の病気治療のため
  • 弟が起こした事故の損害賠償支払いのため
  • 結婚前から付き合っていた彼氏の借金

このように、家族の誰かが要因となった借金を返済している、という方が多いという結果が出ました。

中には、買い物依存症、パチンコ依存症というような、明らかに自分の浪費が原因の借金もありました。

そういった人は、まず浪費の生活と決別する必要があるため、完済までには困難が伴うようです。

反面、借金をした本人以上に責任感が強い人は、うまく完済しているようですね。

 

返済中は、ほぼ全員が「苦しかった」と回答。楽しいはずの給料日が辛い

完済した10人の方全員が、返済は苦しかった。毎月カツカツの生活だったと回答しています。

楽しいはずの給料日に、返済分がそっくり差し引かれるため、辛かったというふうに思い返す人もいました。

 

本業だけでは返済が間に合わず、本業の終了後にバイトしたという人もいます。

女性の場合は、短時間で稼ぐために、水商売に手を出すというのは定番ですね。

ただしその結果、精神的な疲労がさらに積み重なるという、悲痛な訴えをされています。

買いたいものも買えない、行きたいところにも行けない苛立ちと向き合い、追加借入の誘惑からどう逃れるかというのが、完済の糸口のようです。

→今すぐ自分の借金について匿名で相談したい方はこちらをクリック

 

成功者が教える、借金完済までの具体的な4つのステップ

最後に、実際に借金完済に成功した10人の方たちに、自分がうまく完済できた秘訣を聞きました。

ごく基本的なことではありますが、長く実践していくことで、完済へ繋げられる方法ばかりです。

  1. 収入と支出の見直し
  2. 給料から返済額を先に天引き
  3. 副業して生活費を足す
  4. 時には人と距離をおく

 

収入と支出の見直し。思いきった支出のリストラを断行

自分の借金総額が把握できたら、次は収入と支出の見直しです。

急に自分の収入を増やすことはできません。

そうなると、支出を減らしていくほかありません。

ここでやってはいけないのが、食費を極限まで削ったり、電気代や水道代を節約するというものです。

行き過ぎた食費の節約は、健康を害することになります。

また、光熱水費の節約は意外と大きくありません。

 

また、自分が原因で借金を背負ってしまっている人には、節約は難しすぎる課題です。

少しずつ削減するよりも、バッサリ、リストラしてしまったほうが簡単です。

リストラ、つまり、所有や契約をやめてしまうということです。

リストラできるものには、次のようなものがあります。

  • 車・バイクの所有
  • 生命保険の契約
  • スマートフォンの所有
  • スポーツジムの契約
  • クレジットカードの契約

 

どれも思い切りが必要な契約かもしれません。

逆に一度思い切ってしまえば、あとはその生活に慣れるだけです。

食費の削減などは、借金完済まで頑張り続ける必要があります。

そこに手を付ける前に、簡単なところから手を付けるべきです。

 

給料から返済額を先に天引き。「なかったこと作戦」

給料が入ったら、先に返済分のお金は、別の口座に移しておきます。

そして、残りの給料でその1ヶ月でやりくりします。

 

一見するととても簡単そうですが、実は多くの人が実践していません。

毎月借金返済に困るのは、返済する予定の収入まで使い込んでいるからです。

なので、返済が決まっている分の収入は「なかったこと」として考えます。

残りの収入の中でやりくりを考えれば、返済が滞るということはありません。

 

副業して生活費を足す

先に紹介した方法で、返済金を先に確保してしまうと、生活費がどうしても足りないということがあります。

そういうときは、なんとかして収入を増やすほかありません。

 

こうした場合、やはり副業を検討することになります。

おすすめは、深夜のコンビニや土日の引っ越し、飲食店など、人手不足の勤め先です。

慢性的な人材不足なので、採用が早く、収入が増えるのも早いです。

 

風俗などのナイトワークは、肉体以上に精神的な疲労が大きく、おすすめすることはできません。

また効率を狙い、ネットビジネスに手を出すのも、あまりいい方法ではありません。

生活費の足しになるまでに時間がかかるうえ、成功する確率も高くありません。

 

肉体的な労働で、高い時給を稼ぐというのが、最も効率が良い方法です。

 

時には、人と距離をおく

借金返済中はストレスがたまります。

悩みを聞いてほしい。ウサを晴らしたい。

そう思うことも多いでしょう。

そんな時、友人や友達に飲みに誘われたら行っちゃいますよね。

 

こうしたちょっとしたたまの息抜きが、返済計画を狂わせることもあります。

節制を妨げそうな人の付き合いは、差し支えのない範囲で、距離をおきましょう。

 

まとめ:返済は、「自分の信用を作ること」と、前向きに捉えること

金目の財産は売り払ったうえに、限界まで節約して、時にはバイトもして、精神的にもボロボロになるかもしれません。

しかし、借金返済のゴールには、「信用」というお金では買えないものが待っています。

 

返済途中で挫折し滞納してしまうと、金融機関のブラックリストに掲載され、向こう5年~10年はローンが組めない状況になります。

まさに、金融的な「信用がない」状態になります。

 

最後に、借金を滞納したり、破産して免責を受けることが、悪いことではありません。

そういった選択肢もあるということを、頭の片隅においておきましょう。

くれぐれも、借金の返済で、健康を害したり、命を削ることがないように。

→今すぐ自分の借金について匿名で相談したい方はこちらをクリック

-返済する
-,

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2018 All Rights Reserved.