もらう

【イラスト解説】職業訓練受講給付金の条件。欠席するともらえない!?

更新日:

職業訓練受講給付金とはどんな制度?どんな人でも利用できる?

まず、職業訓練受講給付金という制度の概要について見ていきましょう。

 

職業訓練受講給付金とは、ハローワークに申請することで受けられる給付金制度。

支給要件を満たすことで支給されますが、大前提として職業訓練を受けなければなりません。

名前の通り「職業訓練受講給付金」なので、職業訓練中の生活を支援する目的で設けられた制度なんですね。

またこの職業訓練受講給付金は、雇用保険が受けられない方が利用できる制度です。

 

職業訓練受講給付金の支給額は月額10万円!

職業訓練受講給付金では、月額10万円の支給を受け取ることができます。

この他に通所手当(上限あり)、寄宿手当として月額10,700円が支給されます。

 

しかし、申請してすぐ受け取れるというわけではありません。

職業訓練受講給付金は原則後払いです。

きちんと職業訓練に出席しなければ給付されませんので、支給に時間がかかります。

目安として、申請から40日~50日程度を見込んでおくといいでしょう。

 

支給対象となるには、すべての条件を満たす必要がある

またこの職業訓練受講給付金の支給対象となるのは、以下の条件をすべて満たす人に限ります。

職業訓練受講給付金支給対象

職業訓練受講給付金条件

これらの条件・要件をすべて満たした上で、はじめて受給資格が生まれます。

例えば親や子と一緒に暮らしている場合、世帯収入が25万円を超えていると受給資格がなくなります。

また一日でも職業訓練を欠席してしまうと給付されません。

病気や怪我、天災などのやむを得ない理由の場合は、その都度書類が必要となります。

そういった場合は8割以上出席することで給付を受けることができるようになります。

 

また、以下のような場合にも給付が受けられなくなりますので注意してください。

  • 世帯の中に、同時にこの給付金を受給している人がいる
  • 過去3年以内に、不正行為により、特定の給付金の支給を受けた

 

職業訓練受講給付金の申請手続き。必要な書類と手続きの流れを図解!

それでは、この職業訓練受講給付金の申請手続きの流れと、必要な書類を見ていきます。

 

大まかな支給手続きの流れ。まずはハローワークに行って相談するところから

職業訓練受講給付金手続き

 

職業訓練受講給付金に申し込む前に、事前審査を受ける

必要書類を揃えたらすぐに申請!というわけにはいきません。

ハローワークで職業訓練の申込みをする際、事前審査を受ける必要があります。

その時に必要な書類は以下のものになります。

職業訓練受講給付金事前審査

また、職業訓練受講中は、ハローワークに行って支給申請を行う必要があります。

 

支給申請時に必要な書類。持っていくものはほとんどない

職業訓練受講給付金必要書類

やむを得ない理由で欠席しなければならない場合のみ、証明書の提出が必要です。

例えば、インフルエンザなどの病気になった場合には、医師の証明書が必要になります。

また家族が病気になり、その看病をしなければならない場合も同様です。

就職試験や面接の日程が訓練と被った場合も、その都度事業主の証明書が必要です。

次のページへ >

-もらう

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2019 All Rights Reserved.