もらう

障害年金をイラストで解説。受給資格に重要なことはたったひとつ!?

更新日:

障害年金のギモン。こんな時はもらえる?もらえない?

それでは最後に、障害年金の各種疑問について、いくつか解答していきます。

  • 受給中に障害が重くなったらどうする?
  • うつ病、総合失調症でももらえる?
  • 受給が決まったら、ずっと貰い続けることができる?
  • 生活保護中でももらえる?

 

受給中に障害が重くなったら、年金額が増額できる

もしも障害年金の受給中に障害が重くなった場合には、請求書を提出することで年金額を増額するよう求めることができます。

医師の診断書、額改定請求書を、近くの年金事務所に提出するようにしましょう。

反対に症状が軽くなれば、年金額は減るか、あるいは支給が停止されます。

 

うつ病や総合失調症でも、症状が重ければ障害年金を受け取れる

うつ病や総合失調症などの精神障害であっても、障害年金は受け取れます。

例えばうつ病と診断され、身の回りのことができないなどであれば、障害認定がなされる可能性が高いです。

 

受給が決まったあとは、1~5年で更新する必要がある

障害年金の受給が決まったあとは、そのまま放ったらかしにはできません。

その後は1~5年間の間に、診断書を提出するなどして更新する必要があります。

この時、障害が重たくなっていれば増額、軽くなっていれば減額などの措置が取られます。

 

生活保護中でももらえる?

生活保護中であっても、障害年金を受け取ることは可能です。

しかし、障害年金は収入と見なされるので、生活保護の給付金が減額されます。

生活保護についての詳細はこちらのページでも紹介しています。

 

まとめ:障害年金で最も重要なのは「初診日」。病院に行ったことは必ず記録しておこう

障害年金についてご紹介してきましたが、何はともあれまずは「初診日」が重要です。

この日付がわからなければ障害年金を受け取ることはできません。

また初診日は変更することもできないので、地道な調査が必要になります。

 

ですがその分、受け取れる年金額は無視できないものです。

認定された障害等級は、さじ加減ひとつで大きく変わることもあります。

まずは年金事務所や社会保険労務士に相談して、受給できるか検討するようにしてください。

-もらう
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2020 All Rights Reserved.