もらう

イラスト解説でわかる児童手当と受給条件。いつまでいくらもらえるの?

更新日:

児童手当とはどのような制度?受給できるのはどんな人?

まず、児童手当とはどのような制度なのでしょうか。

もちろん「児童」とついている以上、子どものいる家庭に適用される制度です。

それでは、児童手当の受給対象と、受給するための条件について見ていきましょう。

受給するための条件

受給するための条件2

注意事項

児童手当は原則として、日本国内に住んでいる児童と、その家庭に支給される給付金です。

しかし、父母が海外住まい、子どもだけ海外に住んでいても、条件を満たせば児童手当を受け取れます。

また父母が離れて暮らしている場合は、原則として子どもと生計を一緒にしている方に支給されます。

 

上記は大阪府堺市の制度を参考にしましたが、各市区町村ホームページで詳細な条件が書かれています。

特に「海外居住」「離婚協議中」の方は、受給できるかしっかりと確認しておきましょう。

 

児童手当はいつまで、いくらもらえるの?

それではこの児童手当は、いつまで、いくらくらい貰えるのでしょうか。

上でご紹介したように、児童手当は子どもが15歳になって最初の年度末(3月31日)までの期間受け取ることができます。

簡単に言えば、子どもが中学校を卒業し、義務教育を修了するまでです。

 

どれくらい受け取ることができるのか、下記の表にまとめました。

年齢 手当の月額
3歳未満 15,000円
3歳以上から小学校修了まで 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 10,000円
所得制限以上の世帯(特例給付) 5,000円

 

児童手当例

児童手当は、日本国内のおよそ9割が利用していると言われるほどの制度です。

そう考えると、支給額は他の制度より控えめに感じるかもしれませんね。

 

また、児童手当には所得制限があるとご紹介しました。

表中でもありますが、所得制限を超えていても、月額5,000円の支給を受けることができます。

これを「特例給付」と呼んでいますが、2017年にこの制度の廃止が提案されています。

 

児童手当の所得制限と特例給付。いずれもらえなくなるかも!?

各市区町村のホームページに必ず記載されている、所得制限表を見ていきましょう。

扶養親族等の数 所得額 収入額の目安
0人 630万円 833.3万円
1人 668万円 875.6万円
2人 706万円 917.8万円
3人 744万円 960万円
4人 782万円 1002.1万円
5人 1人増すごとに38万円加算

この表では、社会保険料・生命保険料控除相当額として、所得から一律で控除される「8万円」が加算されています。

こうした所得制限は毎年更新される可能性があるので、よく確認しておきましょう。

 

共働きの場合、どちらか収入が高い方の所得を見る

ここで注意したいのが、共働き夫婦の場合です。

この場合、2人の収入を合算するのではなく、どちらか収入が高い方のみを見ます。

例えば、扶養親族が2人で、夫の所得のほうが大きい場合は、収入額が約918万円以下であればOKということ。

また「所得」で考えますので、所得控除を差し引いて考えることになります。

2017年現在であれば、この所得制限をオーバーしていても給付を受けることができます。

 

こうして見ると、多くの世帯がこの制度を利用している理由がよくわかりますね。

それでは、この児童手当を申請するためには、どこへ、何が必要になるのでしょうか。

 

児童手当の申請方法。いつまでに申請すればいい?必要な書類一式は?

児童手当の申請先は、各市区町村の保健福祉センター児童手当担当窓口などとなっています。

区役所の子育て支援課、保健福祉センターなど、各自治体によって名前が少し異なります。

公務員の方は、職場にて申請手続きを済ませることになりますね。

 

児童手当がもらえるのは毎年3回だけってどういうこと!?

ただ、児童手当は申請しても毎月振り込まれるわけではありません。

毎年6月、10月、2月の3回にわけて、前月までの4ヶ月分が一気に支給されることになります。

時期によっては、申請したからといってすぐにもらえるわけではないので注意しましょう。

 

15日特例は必須。児童手当の申請は、出生や転入から15日以内に済ませましょう

また、児童手当は過去にさかのぼって申請することができません。

赤ちゃんが生まれたら少し慌ただしくなりますが、出生から15日以内に申請を済ませましょう。

こうすることで、申請請求したその月分から支給されるようになります。(15日特例)

引っ越しなどで住所が変わる場合も同様なので、忘れずに行うようにしてください。

 

児童手当申請に必要な書類一式をご紹介!

それでは、児童手当の申請をするにあたり、必要な書類を見ていきましょう。

必要な書類

児童手当の認定請求書は、窓口でもらうか、各市区町村のホームページからダウンロードすることも可能です。

 

児童扶養手当との違いとは?

児童手当とよく似た名前の制度に、「児童扶養手当」という制度があります。

こちらは「ひとり親家庭」を対象にした給付金制度で、児童手当との併用が可能です。

児童扶養手当についてはこちらのページで解説しています。

次のページへ >

-もらう
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2019 All Rights Reserved.