稼ぐ

おすすめの財テク9選!初心者でもできる資産運用のメリット・デメリット

投稿日:

本業の稼ぎだけでは少し物足りないけど、起業や副業をするほどの時間や余裕がない、という方へ。

この記事では、初心者でも始められる様々な財テクについてまとめています。

細かな部分からちょっとワンランク上の投資まで、財テクには様々な方法がありますので、ぜひ参考にして下さい。

 

そもそも財テクとは何か

そもそも財テクとは「財務テクノロジー」の略で、個人が証券や不動産などの資産運用によってお金を得ることを指します。

財テクは投資で大きな稼ぎを得るというよりは、小さくても確実な利益を得ることを目的としています。

そのためリターンは少ないですが、リスクが少なくゼロ~少額の元手でも利用できるサービスを活用するというのがポイントとなります。

 

初心者でも出来る財テク

では、まずは初心者にも出来る簡単な財テクを紹介します。

リスクなどはありませんが得られる金額もそう大きくはないですので、節約、倹約の一種と思って利用しましょう。

  1. 定期預金を利用する
  2. クレジットカードを作る
  3. 電子マネーを利用する
  4. ネットオークション・フリマアプリを利用する
  5. ローンの見直しをする

 

定期預金を利用する

財テクとして一番定番なのが「定期預金の利用」です。

定期預金は普通預金に比べて高金利で、1つの銀行につき1,000万円までは元本が保証されるというペイオフ制度があるためリスクがほぼありません。

途中解約が必要になった場合でも金利が下がるだけでペナルティは発生しませんので、貯めているお金があるなら定期預金に預けておいて損はないでしょう。

ただし預ける金額や積立金が少なすぎると金利の利息はあまりもらえませんので、普通に貯金しているのとほとんど変わらなくなります。

外資系の預金になると金利の変動など多少のリスクが伴いますが、リターンも大きくなります。

 

クレジットカードを作る

クレジットカードを利用してポイントを貯めたり、割引を活用するのも立派な財テクです。

支払いが後で来るのでしっかり金銭管理をする必要がありますが、普段よく利用する「イオン系」や「セゾン系」などお店ごとに対応しているクレジットカードを作っておけば、普通に現金で買い物をするよりお得になります。

ポイントがたくさんもらえる商品を選択したり、カードを持っている人だけの優待割引などを上手く活用するようにしましょう。

 

電子マネーを利用する

クレジットカード同様、電子マネーも使い方次第でかなりお得な運用が可能な財テクの一つです。

チャージ式なのでクレジットカードに比べて金銭管理もラクであることがメリットです。

電子マネーごとに使えるお店が違ったり、対応していないお店などもあるのでその点は注意が必要です。

イオンをよく利用するのであれば「WAON」、セブンイレブンをよく利用するのであれば「NANACO」を利用するなどで使い分けをしましょう。

 

ネットオークション・フリマアプリを利用する

オークションやフリマアプリの利用も初心者が出来る財テクです。

ネットオークションの「ヤフオク」やフリマアプリ「メルカリ」では、売るだけでなく、必要なものを安く仕入れることも可能です。

不要なものは売却し、必要なものは出来るだけ安く手に入れるようにしましょう。

メルカリでせどりをしたい方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

【錬金術】メルカリせどりでボロ儲け!2019売れ筋リストを公開します

皆さんメルカリは使っていますか? 今せどりをしている人にも、これからせどりを始めようと思っている人にも【メルカリせどり】はオススメです。 なぜならメルカリはダウンロード数5000万人を誇るビッグマーケ ...

続きを見る

 

ローンの見直しをする

特に住宅ローンなど大きなローンを組んでいる方は、ローンの見直しをするだけで大きな節約に繋がります。

住宅ローンは金額も大きく、長期で組むローンですので、金利の低いところにローンの借り換えをするだけでかなりの金額を浮かせることも可能です。

支払い年数が10年以上残っている場合は、一度見直しを検討しましょう。

 

ワンランク上の投資系財テク

ここからは投資などワンランク上の財テクについて紹介します。

費用がかかりますがリターンが大きいというタイプの財テクです。

  1. ふるさと納税をする
  2. 株主優待の利用
  3. iDeCo(イデコ)を利用する
  4. FXや仮想通貨は初心者には難しい

 

ふるさと納税をする

ふるさと納税は上級財テクの中でも誰でも出来るお金の使い方です。

希望する都道府県に納税(寄付)をすることで、御礼の品を受け取ることができます。

そして寄付金額から2,000円を引いた金額が、所得税や住民税から控除されるということが一番の特徴。

収入と納税金額にもよりますが、実質2,000円で返礼品を受け取ることが出来ますので、活用しない手はない有効な財テクです。

 

株主優待の利用

株式投資は財テクの中でも上級の資産運用で、これまで紹介してきたものと違いリスクを伴います。

しかし投資をすることは大きなリターンを得ることに繋がりますので、興味があれば少し学習して株への投資を行うのは有効な財テクと言えるでしょう。

簡単な流れとしては株式会社の株を買う(投資する)ことで、配当金や優待を受けることができます。

投資金額や投資する会社によって優待や配当金は異なりますのでよく調べるようにしましょう。

NISA(ニーサ)という少額投資非課税制度などもありますので初心者であればぜひ活用しましょう。

株(投資)は即金を得る手段ではなく、長い目で見て将来的に特をするように行うものですので、目先の利益だけを追わず慎重に選ぶようにすることが大切です。

 

iDeCo(イデコ)を利用する

iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金という、新しい資産運用の方法です。

リスクは少ないですが、年金という扱いなので60歳までは受け取ることが出来ないというデメリットもあります。

自分で決めた掛け金を60歳まで選択した方法で運用し、60歳になると受け取れます。

投資信託などで運用し利益を出せれば、老後に掛け金以上のお金を受け取ることが出来ます。

 

投資の仕方によっては掛け金を下回る場合もありますが、定期預金などのリスクの少ない方法も選択出来ますので、マイナスになることが不安な場合は堅実な運用を選びましょう。

投資した掛け金は全額所得控除されるという特徴がありますので、税金が安くなるというメリットもあります。

 

FXや仮想通貨は初心者には難しい

投資というとFX(外国為替証拠金取引)や仮想通貨への投資もあります。

ですが、これらは非常にリスクが高く、しっかりとした知識がなければ借金を背負ってしまうような大きな損失を出してしまうことも少なくありません。

初心者の財テクとしてはおすすめできかねますので、まずは投資についてよく学習してから始めることをおすすめします。

 

まとめ 初心者にも出来る財テクはたくさんある!

財テクと節約は近いものですが、初心者ならまずはリスクのないお得なサービスを活用した財テクを始めるのをおすすめします。

ふるさと納税やiDeCoはリスクが少ない投資ですので、積極的に活用しましょう。

慣れてきたら株式投資などで、本格的な資産運用を始めてみるのも良いでしょう。

-稼ぐ
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2019 All Rights Reserved.