稼ぐ

引きこもりから脱出する仕事選び。働きたいあなたへおすすめの仕事

更新日:

引きこもりから脱出する仕事選び

  • 働きたいけど、外に出るのが怖い。
  • ニートと呼ばれるのがツライ。
  • 職場の人と馴染めるか不安。
  • まず、面接がキツイ。

引きこもりとは、6ヶ月以上社会参加をしない状態を言うようです。

でも実際問題、2,3ヶ月働いていないだけで、復帰できるか不安になりますよね。

そこでこのページでは、社会人になったけど長期間働いていないという方のために、上手に仕事を始めるための方法を紹介します。

→今すぐ生活費を借りたい方はこちらをタップ

 

再び引きこもらないための仕事選びの4条件

再び引きこもりにならない為の仕事選び

働くにあたって、失敗したらどうしよう、また引きこもりに戻ったらどうしようという不安がつきまといますよね。

なので、引きこもっている人は、なるべく長く続けられる仕事を選ぶべきです。

  1. 収入は度外視。やりがい・興味を重視
  2. 駅チカ、通勤に便利なところを選ぶ
  3. 人との関わりが多すぎない
  4. 週2,3日のアルバイトから

収入は度外視。やりがい・興味を重視

まず自分が興味のある仕事を選びましょう。

できれば、自分の趣味や特技、好きなものに通じている仕事がいいですね。

 
本が好き 書店・図書館
ペットが好き ペットショップ
綺麗好き 清掃
ものづくりが好き 工場
パソコン・機械類が好き プログラマー、PCショップ

逆に給料や条件で仕事を選んでしまうと、嫌なことがあった時に挫折しがちです。

最悪辞めてしまうこともあるので、「好きだから続けれる」というものを見つけましょう

 

駅チカ、通勤に便利なところを選ぶ

単純な話ですが、通勤が遠いと仕事が苦痛になります。

駅から遠い場合は、暑い時期・寒い時期も厳しいです。

雨が降っただけで気持ちがブルーになります。

地方在住の場合はそうもいかないかもしれませんが、なるべく通勤が便利なところに勤務したいですね。

 

人との関わりが多すぎない

過去の人間関係が原因で引きこもっている、人間関係の煩わしさで仕事がうまくいかないという人は、人との関わりが多すぎない仕事を選びましょう。

コツコツと自分の業務を行なうという仕事はけっこう多いものです。

【体力系】 【デスクワーク系】
仕分け・ピッキング ライター
宅配・配達 デバッガー
警備員 データ入力
清掃員 編集・校正

上記以外の仕事についてはこちらのページにまとめてありますので、参考に見てください。

→【接客なし】人と関わらない仕事のウソとホント!噂のあの仕事を検証してみた

 

週2,3日のアルバイトから

年齢のことも考えると、正社員として働きたい…という気持ちもあるかもしれませんね。

でも、正社員になるためには面接も大変ですし、残業もあるかもしれません。

特に1年以上働いていなかったという人は、アルバイトから始めるのが最適です。

今は人手不足なので、週2,3日からでも雇ってくれるところは多いです。

その仕事にやりがいを感じたら、正社員になることも検討してもいいですしね。

 

面接が不安なら縁故・紹介がベスト

不安なら縁故・紹介がベスト

引きこもりの人にとって、心配の一つが面接です。

精神的なプレッシャーも半端ないですし、引きこもっていた事情を察してくれる会社は少ないですからね。

そういう場合は、全てを理解したうえで雇ってもらえる知り合いを頼るのもひとつです。

入社後に多少の配慮は期待ができますね。

ただ、縁故や紹介で就職すると、紹介者の顔を立てるためにも、仕事がやめづらいというデメリットもあります。

一般求人に応募した場合は、最悪辞めてもなんの後腐れもありませんから。

そこは一長一短ですね。

 

素朴な疑問。引きこもり期間を履歴書にはどう書く?

正社員でもバイトでも面接の時に履歴書は必要になります。

履歴書を書く時、引きこもっていた空白の期間をどう説明しようか悩みますよね。

「何もせずに家にいました」と言ったら不採用になりそうですね。

 

だからといって嘘をつくと、あとあとややこしいことになるので、おすすめできません。

一番良いのは「事実に一番近い状態で説明する」ことです。

 

例えば、家でパソコンをしている時間が長ければ、「パソコンの勉強をしていた」というのもいいでしょう

ゲームばっかりしていたという人なら、家でゲームアプリの開発がしたかったという逃げ方もありですね。

「○○で働いてました」というと100%嘘になりますが、勉強していたというレベルなら、事実も含まれているでしょうし、採用側も事実確認のしようがないですからね。

 

自力での就職が無理なら、支援団体を頼るという手もある

自分で仕事を探したり、面接に行ったりするのはつらすぎるというなら、支援団体を頼るのも一つの方法です。

全国各地に引きこもりの悩みを抱える団体があります。

 

大阪府ひきこもり相談窓口

http://www.pref.osaka.lg.jp/koseishonen/kowakasaichalle/madoguti.html

上記は大阪府の例ですが、お住いの自治体のホームページ等で調べることをおすすめします。

というのも、中には引きこもり支援を謳った詐欺団体もあるからです。

民間団体のホームページで直接問い合わせるのもアリですが、費用が高額なところや支援の実態がない団体には注意しましょう。

 

おまけ:収入に不安がある場合は自宅で副業という方法も

引きこもり状態を脱出して仕事についたという人も、多くはアルバイト状態です。

そうなると収入は多くて10数万円程度。自活していくには少々心細いですね。

バイトを掛け持ちするというのも一つの方法ですが、自由な時間が少なくなる割には収入は思ったより増えません。

バイト代プラスあと2,3万欲しいな。という場合は自宅でできる副業を探してみましょう。

当サイトでも自宅でできる副業については、たくさん紹介していますので、参考にしてください。

 

まとめ:努力は要るけど、無理はしないで

努力はいるけど、無理はしないで

引きこもりから脱出するには、対人ストレスや体力的な不安など様々な壁があります。

就職後1ヶ月くらいは、仕事に慣れるまで努力が必要です。

ただし、無理はしすぎないようにしましょう。

体や心を壊してしまっては復帰が遅れることになります。

 

また、病気など引きこもりの理由がはっきりしている人は、そちらの治療を優先しましょう。

働くことでショック療法にするには刺激が強すぎる場合があります。

 

-稼ぐ
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2018 All Rights Reserved.