稼ぐ

給料が足りない!普通に働いているのにお金が少ないと思う人の特徴

更新日:

普通に会社で働いていれば、不測の事態でもない限り、1か月分の給料でなんとかやりくりできるはずです。

 

それなのに、生活するための給料をもらっているはずなのに、「給料が足りない」と悩んでいるのはなぜでしょうか。

勤めている会社や雇用形態に問題がない場合、何に問題があるのでしょうか。

 

そこで今回は普通に働いていても「給料が足りない」と思っている人について考察してみました。

 

どうして給料が足りなくなってしまうのか、その人の習慣・特徴を多数紹介

どうして給料が足りないと思うのか、そう考えてしまう人の習慣や特徴を順に考察してみました。

いくつか列挙しましたので、もし自分がこの中に当てはまると思ったら『自覚』して改善に努めることをおすすめします。

  1. 生活費に対する給料の額が少ない
  2. 浪費癖・無駄使いが多々ある
  3. 天引きや引き落としされるものが多すぎる
  4. 金銭感覚がおかしい
  5. 旅行・結婚式などの一時的に重なった臨時出費

生活費に対する給料の額が少ない

これは家族を養っていて働いている方に多い傾向ですが、会社に行って働いて稼いでいる給料に対して、生活費が釣り合わず不足してしまうケースです。

 

わかりやすく説明する前に、妻が専業主婦で一切無駄使いはしていないことを前提として説明します。

例えば家族4人(夫、妻、子供2人[小学生2人])だとすると、夫の毎月の給料が18万円だと仮定します。

小さい子供がいて食べ盛りなので食費が外食込みで7万円、水道・ガス・電気代など合わせて3万円、夫と妻のスマホ利用料金で2万円、日用品で1万円、授業料などの諸経費で3万円、夫のお小遣いで2万円、妻の…、その時点で18万円なので、もう給料袋の中身が空っぽです。

これでは、妻のお小遣いにまで回せません。

 

食費を削るとはいえ、小学生の子供はいま食べ盛りで下手に減らすわけにもいかず、外食を月1にしても微々たるものです。

ですが、夫のお小遣いを減らすと夫が不満を持ってしまう…、スマホの利用料金はいろいろあって削り切れず…。

夫も妻もいろいろと無駄削減に努力しているにも関わらずに、対策しても「毎月もらう給料自体が少ない」というケースです。

 

浪費癖・無駄使いが多々ある

毎月もらう給料が一定で生活に困らない範囲であるにもかかわらず、浪費や無駄使いが多すぎて「給料が足りない」と嘆くケースもあります。

例えば、ある女子が「あのカバンかわいい!しかも期間限定の商品で値下げしている!」と思ってついつい買ってしまいます。

他にはある男性がどうしても欲しい革靴があって、これまた限定品で給料日まで持たないと判断して迷わず即買いしてしまうなどで、結果的に給料日前に金欠状態に陥ってしまうことも。

もしかしたら、広告の品で安い生活用品をたくさん買いすぎてしまう人もいるかもしれません。

今あることしか考えず、後のことを全く考えていないので、これではお金が出ていく一方です。

 

天引きや引き落としされるものが多すぎる

給料をもらっている人は毎月健康保険料などの各種保険料が天引きされていると思います。

これはもちろん支払わなければなりませんが。

それ以外で車を分割で購入した時の月賦や毎月の携帯電話使用料などを特定の銀行口座で引き落としするようにしていると思います。

 

これらの天引きや引き落としされるものがあまりにも多すぎると生活費が最小限しか残らないので必然的に給料が足りないと感じます。

例えば毎月の給料が22万円で、毎月天引きされるものがAで5万、Bで3万、Cで4万、Dで6万だったら自分の手元に残るのが4万しかありません。

一人暮らしならなんとかやっていけるかもしれませんが、家族を養っている人であれば生活していけませんよ。

 

金銭感覚がおかしい

これはもう人間性の問題です。

例えば、キャバクラにいって遊んでお金を使い果たしたり、ホスト遊びしすぎたり、パチンコや競馬で給料そのもの使ったり…。

給料に見合わない額のモノをローンで分割購入するなど、挙げればキリがないほど誘惑はたくさんあります。

はっきりいって本人が改善したいと思わない限りどうしようもありません。

 

旅行・結婚式などの一時的に重なった臨時出費

臨時出費が重なってしまうことがありますが、これは本人が悪いわけではありません。

本当に『一時的な不足』に過ぎません。

 

毎月の生活費に余裕があるにもかかわらず、たまたま資金が不足してしまっただけなので、今月だけ給料が足りないと考えるぐらいでしょう。

 

「給料が足りない」なんてことにならないための対策

例えば、正社員で働いていて借金も特になく月20万円の給料をもらっている人の場合、給料が足りないことはないと思います。

もし足りないと感じたら以下で紹介する対策を講じるしかありません。

  1. 生活習慣を見直す
  2. 副業を始める
  3. 家計簿などをつけて無駄な支出を削減する

生活習慣を見直す

まずは生活習慣を見直すことです。

例えば、ギャンブルをする人は月1回だけに抑えるようにしましょう。

無駄使いが多い人は買いたいものを毎月1つだけに絞り、外食が多い人は同じように月1だけいくようにするなど有効な対策を講じればよいのです。

お酒をよく飲む人は酒代だけで毎月かさんでしまいます。

さらに、お酒の飲みすぎは体に影響を及ぼすこともあるので、酒を断つことで、生活習慣を見直すと同時に無駄な支出を抑えるができるのです。

 

副業を始める

無駄なモノを削減する必要はないと感じる人は単純に副業をして収入を増やせばいいだけです。

 

副業には様々な種類があり、クラウドソーシングやネットオークション、写真販売など自分に見合ったものが必ずあります。

自分の適性に合ったモノであれば副業は長続きする傾向にあります。

 

家計簿などをつけて無駄な支出を削減する

自分で家計簿をつけることで無駄な支出を見つけることができます。

1か月だけ毎日つけてもどれが無駄な支出なのか判別しにくいので、最低でも3か月はつけるようにしましょう。

そうすると何が無駄にお金を突っ込んでいるのか、自分で理解できるようになります。

家計簿は主婦がつけるものだと思っている人は間違いです。

男性でも無駄をなくすために家計簿をつけることをおすすめします。

 

まとめ|給料が足りない場合は副業も視野に

毎月の給料だけでは足りないと思っている人のタイプは大きく分けて2つあります。

 

1つ目は自分自身に『落ち度』がある場合。

もう1つは最大限無駄を省いて努力しているにもかかわらず『収入元』が少ない場合です。

 

前者は自分自身が良い方向に変わらないと一生そのままで終わる可能性があります。

ですが、後者だともっと毎月の給料が多く出る会社に転職するか、副業をして別な収入源を作ることによって改善できます。

-稼ぐ
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2018 All Rights Reserved.