コラム

お金に困らない人の特徴とは?安定した人生のためにできること

投稿日:

人間はお金がないと生きていけません。

現代社会は資本社会なので貨幣経済が浸透しています。

 

それゆえ、生きるためにお金が欲しくてたまらない人が大勢います。

ですが、時々なぜかお金に困っていない人もいますよね。

一体お金に困らない人は何をしているのでしょうか?

 

そこで今回はお金に困らない人の特徴と秘密を調べてみました。

 

お金に困らない人の特徴ってどんなものなの?

お金に困らない人ってどんな人なのでしょうか。

何か特徴があるのでしょうか?

実は、8つのタイプがあることがわかりました。

  1. 親がお金持ちで成人してもお金に困ったことが一度もない人
  2. 手相占いで金運好調の線がある人
  3. お金の管理がうまい人
  4. 自分がお金に困ったときに助けてくれる人がいる人
  5. 資産運用がしっかりできる人
  6. 財布の中身がきれいに整頓されている人
  7. 家計簿などをつけていて収入と支出の把握がしっかりできている人
  8. お金に対して『敬意』を持っている人

 

親がお金持ちで成人してもお金に困ったことが一度もない人

一代で会社を築いて成長させ、年商3億といった会社にまで発展させた親を持つと、お金持ちの社長の子供ということになります。

その場合、子供にはお金に不自由させることなく生活してきているのでお金に困った経験がありません。

親の会社などが破綻してお金が無くならない限り、半永久的にお金に困ることはありません。

 

手相占いで金運好調の線がある人

手相占いで右手の小指の下に『財運線』がある人や薬指の下に『財産線』がある人は金運がやってきてお金に困らないといわれています。

もちろん必ずしも全員がそうではありませんが、財運線が長ければ長いほど金運が強くなる傾向があります。

 

どうしてもその線を伸ばしたい人はカッターなどを使ってわざと小指の下の線を伸ばす人もいるそうです。

危ないのでおすすめはしません。それでもしたい方は、本当に自己責任でお願いします。

そのうえで宝くじなどを買って金運が上昇したのか検証してみるとよいでしょう。

 

また財線は将来お金をつかみ取れるのか『指標』になっています。

仮に財運線がなくても財産線があれば何かしらお金に縁があるはずです。

実際に財運線が長い人の多くはお金に困っていないことでしょう。

 

お金の管理がうまい人

お金の管理が上手な人は、無駄遣いをせずにお金を貯めることができる人です。

例えば、計画的に貯金しているか、定期預金に毎月コツコツと貯めていたり、広告のチラシをみて買うものを絞ったり、ほしいものがあったら必要最小限の範囲内で買ったりしています。

つまり買い物上手であり、無駄遣いは一切しないというわけです。

またお金以外にポイントカードや割引券などをマメに使っていることも特徴的です。

食事においても自炊が基本で、高くつく外食は月1だけと決めるルール作りを徹底していれば無駄なお金を使わずに済みます。

ここまで徹底していると自然とお金には困らない生活を送っているはずです。

 

自分がお金に困ったときに助けてくれる人がいる人

自分がもしお金に困ったときにどうしようもなくて手が付けられない状態だったとします。

でも『あしながおじさん』のような人が手を差し伸べてくれるとしたら嬉しいですよね。

人に助けてもらえる人は、周りから好かれていて人間性もよく、つい手を差し伸べてもらえるような感じなのでしょう。

 

例えば、友達の連帯保証人になり、友達がトンズラして行方不明になり借金が自分のもとに降りかかってしまったときに、親しいお金持ちの人がすべて援助してくれて借金がゼロになったというイメージです。

人脈作りがしっかりできている人とも言い換えできるでしょう。

 

資産運用がしっかりできる人

資産運用ができる人とは、簡単に説明すると株式投資やFX投資などで成功して資産を少しずつ増やしている人のことです。

資産運用は時にマイナスになることもありますが、その中でも『損切り』がしっかりとできている人は結果的によりお金に困らない人になります。

利益ばかり重視しているわけではなく、損する状況だと判断したら即取引中止ができる人であればなおさらです。

 

財布の中身がきれいに整頓されている人

財布の中にレシートなどが混入していれば金運が寄り付かないとされています。

日ごろから整理整頓していれば、どこにカードや小銭が入っているのか把握できます。

またポイントカードを使用する際にも取り出しやすいので、結果的にお金に困らない人間になります。

 

もし、財布の中がぐちゃぐちゃならポイントカードを取り出して買い物することすら面倒に思うでしょう。

小銭だけで会計できるにもかかわらず、ついついお札を多用して、無駄を生んでしまうことも要注意です。

 

家計簿などをつけていて収入と支出の把握がしっかりできている人

家計簿をつけることで、無駄な支出を抑えることができます。

無駄を省くことによって貯金に回せますからね。

家計簿をつけるのは大変かもしれませんが、今は紙ベースではなくスマホのアプリで楽に管理できます。

ずぼらな人ではなく毎日コツコツとマメにつけている人であれば、支出がはっきり認識できているので結果的にはお金には困りません。

 

お金に対して『敬意』を持っている人

お金を大事に思い、敬意を持っている人です。

「1円を笑うものは1円に泣く」という慣用語的な言葉がある通り、1円をばかにすることは、お金を疎かにしてしまいます。

買い物しているときに1円足りない場合にも、とても不便を強いられますし、お金に敬意を払わない人は結果的にお金に困ってしまいます。

お金持ちほど、1円でも大切にし、お金を湯水のように使わない倹約家が多いです。

 

まとめ|お金に困らない人になろう!

お金には困らない人の特徴をいろいろと挙げてきました。

中には、レアケースもありますが、基本的にお金には困らない人とは、自分で金銭をしっかり管理できてかつ無駄を省いている人でしょう。

それだけでなく、マイナスにならないように資産運用までこなしている人もいます。

こういった工夫を持ち合わせている人が、真にお金に困らない人の特徴だと思います。

 

お金に困らない楽しい人生は不断の努力が大事です。

-コラム
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2018 All Rights Reserved.