借りる

第四銀行カードローン審査落ちする前に。審査通過に必要なものは?

更新日:

第四銀行カードローン審査に落ちたくない!

ナンバー銀行の中で、最も古い歴史を持つ第四銀行。

新潟県では高いシェアがあり、新潟県と新潟市の指定金融機関にもなっています。

そんな第四銀行には3つのカードローン商品があり、低金利でお金を借りることができます。

ただし、それらの商品を利用するには厳しい審査を受けなくてはいけません。

「審査があるなら落ちることもある?落ちたらどうすればいいの?」

「すぐにお金が必要だけど、早く審査をしてもらえるの?」

審査と聞くと、そんな疑問や不安が頭をよぎるかと思います。

ここではそれらを解決するために、第四銀行の審査に関する情報をまとめています。

 

このページで分かること

第四銀行には3種類のカードローン商品があります。

1つは住宅ローン利用者専用ですので、一般の方が利用できるのは実質2種類です。

Web完結で利用できるのは「解決スピーディー」で、第四銀行の口座を持っていればWeb完結で申し込めます。

また、少しでも早く融資を受けたい場合は、「解決スピーディー」の口座振替プランで申し込みをする必要があります。

その他のプランはローンカードが手元に届くまでは、融資を受けることができません。

第四銀行のカードローンってどんなカードローン?

第四銀行カードローンの商品詳細まとめ。利用できる人は?

それではまず、第四銀行のカードローン商品について、その概要を見ていきましょう。

解決スピーディー

申込方法

・インターネット
・電話/FAX
・郵送

金利(年率)

年4.0%~14.8%(固定金利)

借入限度額

30万円〜500万円

審査結果

最短当日

借入・返済時間

24時間対応

担保・保証人

なし

遅延利率

年14.8%

在籍確認連絡

勤務先への連絡あり

保証会社

エム・ユー信用保証

ATM手数料

必要

DJオーナーズカード

対象:第四銀行で住宅ローンを利用している方

申込方法

・店頭

金利(年率)

年4.6%(変動金利)

借入限度額

50万円、100万円、200万円

審査結果

不明

借入・返済時間

不明

担保・保証人

なし

遅延利率

年14.8%

在籍確認連絡

勤務先への連絡あり

保証会社

第四信用保証

ATM手数料

不明

D-スタイル

申込方法

・FAX
・店頭

金利(年率)

借入極度額10・30・50万円:年11.5%(固定金利)
借入極度額100・150・200万円:年9.8%(固定金利)

借入限度額

30万円〜200万円

審査結果

不明

借入・返済時間

24時間対応

担保・保証人

なし

遅延利率

不明

在籍確認連絡

勤務先への連絡あり

保証会社

セディナ

ATM手数料

必要

利用するための条件は商品ごとに違います。

商品ごとに分けて利用条件を紹介します。

解決スピーディー

  • 20歳以上70歳未満
  • 住所又はお勤め先の所在地が、第四銀行本支店営業地域にある

DJオーナーズカード

  • 20歳以上65歳未満
  • 勤続年数1年以上
  • 第四銀行で住宅ローンを利用している

D-スタイル

  • 20歳以上65歳未満
  • 勤続年数または営業年数が1年以上
  • 居住年数1年以上
  • 住所又はお勤め先の所在地が、第四銀行本支店営業地域にある

第四銀行カードローンは即日融資可能?

第四銀行のカードローン商品のうち、もっとも早く融資を受けられるのは、「解決スピーディー」です。

商品名からしてすぐに融資を受けられそうなカードローンですが、即日融資が可能かどうかは明記されていません。

審査結果は最短当日わかり、なおかつローンカードが送られてくる前に振込みでの融資も行ってもらえます。

審査に通りさえすれば、それほど時間をかけずにお金を借りることが期待できます。

ただし、確実に即日融資が約束されているわけではありません。

ぎの場合は即日融資可能な消費者金融を利用しましょう。

第四銀行カードローンの在籍確認はどう?

カードローン商品を利用するときには、必ずと言っていいほど在籍確認があります。

申し込み時に申請した勤務先に本当に勤めているのか確認するために、勤務先に電話をかけるというのが一般的な方法で、第四銀行も同様の方法で在籍確認を行います。

ただし、プライバシーに配慮して、第四銀行の名前は出さずに、担当者の個人名で電話をかけますので、カードローンの審査だとバレることはありません。

また、本人が電話に出なくても、在籍していることがわかればそれで在籍確認は完了します。

インターネットからWeb完結申し込み時の大まかな流れ

第四銀行のカードローンのうち、Web完結に対応しているのが「解決スピーディー」です。

ここではWeb完結で申し込みをするための大まかな流れを紹介します。

  1. インターネットから申し込み
  2. 第四銀行による審査
  3. メールにて審査結果の連絡
  4. ローンカードの発送
  5. 融資開始

すぐに融資を受けたい場合には、ローンカードを送る前に、指定口座への振込で対応してもらえます。

審査申し込み時の注意点

第四銀行のカードローンを利用するためには、下記の内容に注意して申し込みを行ってください。

  • Web完結できるのは第四銀行の口座を持っている人だけ
  • ローンカード交付前に振込みしてもらうには、返済方法を口座振替タイプにする

来店不要でとても便利な第四銀行のWeb完結申込ですが、利用できるのは第四銀行の口座を持っている人だけです。

口座を持っていない場合には、契約に必要な書類を郵送またはFAXで送る必要があります。

また急ぎの場合には、ローンカード交付前に振込してもらうことが可能です。

そのためには返済方法を口座振替タイプを選びましょう。

その他の返済方法の場合は、ローンカードが届くまで利用できませんので注意してください。

まとめ:第四銀行カードローンの審査に落ちた人が今すぐできる3つの対処法

第四銀行カードローン審査に落ちちゃった…すぐできることはある?

第四銀行のカードローンは審査が厳しいため、融資を断られることも珍しくありません。

ここでは、そんなときにどう対処すべきかについてご紹介します。

解決スピーディーではなくD-スタイルで申込む

3つのカードローン商品のうち、D-スタイルは年金収入のみの方や専業主婦の方でも利用できる、比較的申し込み条件が緩い商品です。

このため、解決スピーディーで審査落ちしても、D-スタイルなら審査に通過する可能性があります。

ただし、審査落ちしてすぐには門前払いされる可能性があります。

できれば6ヶ月以上期間を開けてから申し込みをしてください。

融資希望額を下げて申込む

年収に対して融資希望額が大きすぎる場合には、融資を断られることがあります。

融資希望額は最大で年収の1/3として、出来る限りそれよりも低めに設定しましょう。

他社からの借り入れがすでにあるような場合は、それだけ融資可能額が減ります。

他社からの借り入れも合わせて、借金の合計が年収の1/3以下になるようにしてください。

使っていないカードローンや、キャッシング枠のあるクレジットカードを解約するのも有効です。

他社の高金利商品で申し込みを行う

第四銀行は金利が低いため、審査はとても厳しくなります。

一般的には、金利が低いほうが審査は厳しくなる傾向にあります。

少しでも審査のハードルを下げるには、金利の高い商品を選んで申し込みをしましょう。

銀行は金利が低いものが多いため、大手消費者金融、もしくは中小の消費者金融を利用して審査を受けてください。

返済額が多くなりますが、繰り上げ返済などを活用すれば、利息もそれほど多くなりません。

まずは借りられるということを優先してください。

 

-借りる
-

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2018 All Rights Reserved.