借りる

ビジネスローン一覧。個人事業主も借入OKの4社をランキング紹介

更新日:

会社の資金繰りがうまくいかない…そんな時、真っ先に頭に浮かぶのが融資ですよね。

資金調達方法には様々な方法がありますが、手っ取り早く借りられるなら越したことはありません。

「でも、銀行からは借りられない」という時には、ビジネスローンという手段があります。

 

ビジネスローンとは、中小企業向けの事業用ローンのひとつです。

銀行からの融資は審査が厳しく、実際にお金が手元にやってくるまで時間がかかります。

ビジネスローンであれば、無担保で借入可能で、かつ審査スピードも最短で即日となっています。

 

それでは、ビジネスローンについてもう少し詳しく解説していきましょう。

このページではイラストを使って、メリットやデメリット、おすすめのビジネスローンをご紹介します。

→事業資金でなく、日々の生活費を借りたい方はこちらをタップ

 

ビジネスローンとはどんな事業者ローン?メリットやデメリットを紹介

冒頭でも少し触れましたが、ビジネスローンとは事業者向けのローン商品です。

銀行からの融資では間に合わない、という時や、即金で資金が必要な場合に利用します。

ビジネスローンには、大きく分けて3つの種類があります。

このページでは「特に即金が必要な場合」を想定して、ノンバンク系のビジネスローンをご紹介します。

 

ビジネスローンは普通のカードローンとどう違うの?

一般的に、消費者金融では個人向けの小口融資を行っています。

カードローンから借りたお金の使いみちは自由です。

しかし、事業用資金としての使用は原則として認められていないことが多いのです。

 

例えば、お金に困った事業主が、生活費としてカードローンを利用するのはOKです。

しかし、資金繰りに困った事業主が、運転資金としてカードローンを利用することはできません。

 

そのため、カードローンとはべつに、ビジネスローンという商品が設けられています。

 

ビジネスローンはどんな事業主が利用できる?審査はどんなふうに行われる?

銀行より融資は早いものの、ビジネスローンにも審査があります。

審査は「スコアリング」という方法で行われ、自動的に行われます。

 

ビジネスローンの審査でチェックされることとは?

ビジネスローンの審査では、主に以下の点をチェックされることになります。

  • 決算書
  • 換金可能な資産
  • 大手・民間の信用情報機関の登録情報
  • 今までの借入と返済の実績
  • 税金の支払い
  • 事業がどれくらい長くつづいているか

 

特に「スコアリングシステム」を導入している業者では、決算書の内容が重視されます。

スコアリングとは、決算書の内容を入力することで、自動的に融資の可否や上限額を弾き出すシステムのことです。

もちろん決算書だけではなく、それまでの実績や信用情報も精査されることになります。

 

そのため、審査を受ける上ではいくつか注意しておかなければならないことがあります。

 

このように、決算書の内容だけでなく、その事業の信用度も大きく関わってくるということですね。

どんなに業績がよくても、返済を滞納しているようであれば融資を断られてしまうことがあります。

これは銀行系でも、国の融資であっても同様なので、日頃からの支払いを怠らないように気をつけましょう。

 

ビジネスローンのメリット。即日で事業資金が用意できる!

ビジネスローンのメリットは、大きく3つあります。

ビジネスローンの大きなメリットとして、「すぐに即金が必要な時にこそ使える」ことがあります。

基本的にノンバンク系のビジネスローンはいずれも対応が早く、審査もスピーディーです。

また銀行による審査に比べると、スコアリングによる審査基準はかなり甘いと言えるでしょう。

担保や保証人も不要なので、最短即日で融資を受けることができます。

 

ビジネスローンのデメリット。金利が高く返済が大変になってしまうことも

それでは、ビジネスローンのデメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

ビジネスローンの一番のデメリットは、やはり金利が高いこと。

一般的な金利は8.0%~18.0%程度となっており、個人向けのカードローンと変わりません。

銀行系、国の融資に比べても圧倒的に高くなっています。

また、事業用資金資金として借りるには、限度額が最高で1,000万円ほどとかなり低いです。

事業としての実績も必要ですので、創業資金として借り入れることはできません。

 

さらに注意しておきたいのが、ビジネスローンにおいても悪徳業者が存在していることです。

 

ビジネスローンの悪徳業者に注意!見分け方のポイントはここ!

例えば、「事業用資金を融資します」というようなFAXが会社に送られてきたことはありませんか?

他にも、電話やメール、FAXなどで融資勧誘の連絡があった、という方もいるかもしれません。

こうした融資案内のほとんどが「正規の貸金業者」ではない、つまり闇金なのです。

 

悪徳業者の手口。融資直前になって「先に振り込んでください!」

こうしたビジネスローンにおける悪徳業者の手口は、「高額な保証金詐欺」がほとんどです。

まず、民間ビジネスローンにしては安い金利や、高額な融資額で事業主に話を持ちかけてきます。

そして融資直前になって、「保証金が必要」「手数料が必要」などと繰り返しながらお金を振り込ませます。

 

正規の業者であれば、こうした「保証料」や「事務手数料」は一切かかりません。

会社の情報や個人情報を悪用し、最悪の場合は会社が犯罪に利用されてしまうことにも繋がります。

 

こうした被害を受ける前に、悪徳業者を見極める方法があります。

 

ビジネスローンの悪徳業者の見極め方。まずは貸金業者の登録番号を確認!

ビジネスローンの融資案内が届いた時、悪徳業者か見極めるための方法は以下の通りです。

もしも融資案内が届いたら、登録貸金業者番号が記載されているか確認しましょう。

また、金融庁HPから、その番号が正規のものかどうか確認します。

参考:http://www.fsa.go.jp/ordinary/kensaku/

 

どんなにしっかりとしたつくりの案内であっても、上記サイトに登録されていなければ、それは闇金。

また登録されている業者であっても、必ず会社の所在地や詳細をネットで確認しましょう。

あるいは、こうしたDMやFAXによる融資案内はすべて無視してしまいましょう。

 

おすすめのビジネスローン業者をランキング形式でご紹介!

それでは、当サイトでおすすめしたいビジネスローン業者をご紹介していきます!

 

やっぱりビジネクスト!スピード診断と即日融資でトップクラス

融資スピード 融資額 利率
最短翌日 1万円~1,000万円 8.0%~15.0%

ノンバンク系ビジネスローンの最大手は、やはりビジネクストです。

個人事業主であれば保証人は必要なし、わざわざ来店する手間もありません。

オンラインから申込み可能で、簡単な診断で借りられるかどうかも一発でわかります。

借入・返済はセブン銀行などの提携ATMから可能で、利便性もトップクラスです。

 

安心安定のビジネスパートナー。銀行から融資を断られてもOK

融資スピード 融資額 利率
最短翌日 50万円~500万円 9.98%~18.0%

銀行から融資を断られても、まずは審査してくれるのがビジネスパートナーです。

融資額が低く、利子率も少し高めですが、最短即日で審査結果がわかります。

ちょっとした資金が足りない、追加で融資してほしいときにぜひ活用したいローンです。

 

オリコのエグゼクティブ ゴールド フォービズは様々なサービス付き

融資スピード 融資額 利率
- 10万円~300万円 -

ビジネスローン、というくくりではありませんが、個人事業主向けのクレジットカードがあります。

オリコのエグゼクティブ ゴールドフォービズは、経営者向けに様々なサービスを提供しています。

資金調達のための融資金利優遇制度はもちろん、総量規制の対象外なので安心。

経営者なら1枚は持っておきたい1枚となっています。

 

生活費に困っているならプロミスで借りるのも1つの手!?自営者カードローンもあります

融資スピード 融資額 利率
最短即日 1万円~300万円 6.3%~17.8%

あのプロミスにも、自営業者用のカードローンがあることをご存知ですか?

こうして並べると、利率や融資額は他のビジネスローンとほとんど差がないことがわかりますね。

さらに良いところは、事業資金だけでなく、生活費としても使えるところ。

もちろん担保や保証人はいらないので、切羽詰まったときには利用を検討してください。

 

まとめ:即日じゃなければ銀行へ。ビジネスローンのメリットとデメリットを把握しておこう

ビジネスローンのいいところは、事業資金がすぐに借りられるところです。

この「すぐに」というのがメリットであり、デメリットでもあります。

ビジネスローンは金利が高く、その後事業が好転しなければ、返済が苦しくなってしまうことも。

一時的な補填としては便利ですが、継続的な利用には向いていません。

即日で必要ないのであれば、時間のかかる国や銀行の融資を考えたほうがいいでしょう。

メリットとデメリットを把握し、必要な時に必要な分だけ借り入れるようにしてください。

 

-借りる
-,

Copyright© お金がない時どうすればいいか?の答えがわかるサイト|マネードゥ , 2018 All Rights Reserved.